幼児期から必要な情操教育

幼児期から必要な情操教育

保護者がお子さまの教育について考える年齢は低年齢化の傾向があります。そんな中で悩みがでてきます。
「子どもの将来に、どのようにすればいいのか?」
「自分の家庭教育は正しいのだろうか?」
教育の方法について考えることがあります。間違った教育をするとお子さまの一生に影響があるからです。
 
幼児教育と言えば「道徳教育」「情操教育」「知育教育」「早期教育」などが頭に思い浮かびます。保護者が注意しなければならないのは、教育の主体はお子さま本人であることです。あまりにも保護者の鼻息が荒く、期待ばかりが先行するとお子さまに負担を強いることになります。
 
無理強いをしてはいけないです。ここでは、最近注目されている「情操教育」にテーマを絞って迫ってみましょう。
 
  • 情操教育とは、どういった教育なの?
 
まずは情操教育そのものについて学びましょう。「情操」とはいろいろな現象に対して生まれ出てくる安定した知的感情を意味します。心を豊かにすることを目的にする教育と言えるでしょう。
 
近頃のニュースで報道される殺人事件で気になることばがあります。
「人を殺してみたかった」
「殺すのは誰でもよかった」
このような報道を見るたびに、道徳的・情操的な教育の必要性を感じます。
人間として感じる心を育むことは決して無駄にはなりません。
 
  • 4つに区分される情操
 
1番目は「科学的情操」「論理的情操」です。
ものごとを観察することによって「どうして、こういったことになるのか」を考えながら、そのことによって心理を追究する情操のことです。
 
2番目は「道徳的情操」「倫理的情操」です。
他人が困っているシーンに遭遇したら「助けてあげよう」とする善の心に共感して追究する情操のことです。
 
3番目は「美的情操」です。
「美しい」とか「綺麗だ」と感じる心や思いのことです。
 
4番目は「宗教的情操」です。
仏様や神様の教義を知ることによって命の大切さを感じる心のことです。
 
情操教育はこういった4つの情操を伸ばすことを目的にしたものです。お子さまが自分自身で考える力や感じる力に繋がるのです。
 
  • 幼児期の教育が大切な理由
 
有名なことわざで「三つ子の魂百まで」というものがあります。
3歳頃の見られる人格や性格は、その後どれだけのことがあっても変わらないという教えです。3歳までに影響を受けたことは、人格形成に大きく関連しています。
 
どうして3歳になるのでしょうか?
人間が一番成長するのは生まれてから3歳までの三年間です。人生の大切な土台を作り上げていく時期です。この時期に人間の基本的な部分を豊かにする情操教育を意識することが大切です。保護者が積極的に取り組むのが理想です。
 
 
 
  • 情操教育は具体的にどういったことをすればいいの?
 
1番目は「生き物や自然に触れるシーンをつくりだすこと」です。
自然から人間が学ぶことはとても多いです。幼児期に自然に接することで知ることも多いです。これによって大きな心を育むことにつながります。生き物に触れたり飼ったりすることによって命の尊さを知ります。やさしい心を育みましょう。
 
2番目は「絵本を読み聞かせすること」です。
昔からされていることです。お子さまは登場人物に感情移入をします。ストーリーの展開を想像したりします。情感を豊かにする効果がありますし、想像力を養うことができます。
 
3番目は「音楽を聞かせること」です。
創造することと同じですが、音楽を聞くことによって知的好奇心や美的感性を磨きます。心を豊かにします。
 
4番目は「絵を描くようにさせること」です。
自分の感情を表現することです。これは相手を知ることにも繋がる行動です。発見する作業をすると知的好奇心を刺激することになります。
 
5番目は「身体を動かすこと」です。
身体と心は一心同体で、切っても切れない関係と言えるでしょう。心も身体も活発に活動することによって健全な人格形成が期待できます。
 
6番目は「家族にとって大切な宗教行事に参加させること」です。
例えば、「法事」「お墓参り」「お盆」です。お子さまと一緒に参加することです。幼児期でもこういった経験をさせるようにしましょう。自分だけではなくて他人の命を大切にする意識が刺激されます。
 
いかがでしたでしょうか?
情操教育はお子さまが主体になります。お子さまとふれ合うときには次の3つのポイントに注意しましょう。
  1. 褒める事
  2. 理解しようとする気持ちを持つこと
  3. 肯定的なことばで接すること
 
情操教育のみならず教育全般に言えることです。保護者がお子さまの良い部分を潰してしまわないようにしましょう。冷静になってお子さまの意思を尊重して向き合うことが大事です。

ポピー 小学生